運動によるダイエット方法

ダイエットにおいて食事や運動は欠かせないものです。運動は体に大きな健康効果や精神効果を与えますが、ダイエットにおいても運動によって筋肉が増えると基礎代謝が上がり太りにくく痩せやすい体になるんです。

基礎代謝は自然に消費されるエネルギーを言います。ですから基礎代謝があがれば、いつもと同じ食事をしても蓄積される脂肪が少なく太りにくくなるんです。そして付いてしまった脂肪は運動によってエネルギーを消費しますが、しかし激しい運動をやれば痩せるという訳ではありません。

脂肪を燃焼させるには有酸素運動が最も適した運動なんです。LAVAでホットヨガがダイエットに適しています。私たちは食事をしてエネルギーに変えますが、食べ物を摂取し過ぎたカロリーは燃焼せず、脂肪になってしまいます。その脂肪を燃焼させるには運動しなくてはいけませんが、運動による代謝は10%~15%程度ですが、基礎代謝では80%前後も燃焼させることができるんです。基礎代謝をあげる運動としてはスクワットや腹筋運動などが効果的です。運動によるダイエットをするなら脂肪を落とす有酸素運動と筋肉量をつけ基礎代謝をあげる筋トレが最適なダイエット方法です。筋肉が増えると脂肪が燃焼しやすく太らない体を手に入れることができます。運動は効率的、効果的に取り入れましょう。

2015年9月12日

ウエストのくびれはできにくい

ウエストのくびれを気にしている女性は多いと思いますが、どうすればウエストのくびれができるのでしょうか。ウエストを引き締めて、くびれさせることは、結構困難なものだと言われています。ウエストの引き締めが思うようにいかないのは、ウエストは内臓脂肪が蓄積される場所だからです。メタボリックシンドローム対策でダイエットを行う時に、内臓脂肪の減少が難しいと言われることがあります。運動や活動で使い切れなかったカロリーが体内に残っていると、内臓脂肪などになって蓄えられます。これは、体の構造上、重要な内蔵を守るためにお腹全体に脂肪がつくようになっているのです。お腹の辺りには胃や腸といった器官もあり、たくさん食事をした場合には、お腹辺りが膨れることもよくあります。食事をした後に、ウエストの周りのが大きく見えるのはごく自然なことです。お腹周りの皮膚は、満腹の場合は延びて、空腹の場合は縮むという、とても都合のいい部分です。食べ過ぎても対応できるように、お腹の皮膚は大きくなりえます。ウエストのくびれを際立たせたくても、腹部に脂肪がついていれば引き締まりません。ウエストのくびれのために食事を抜く人もいますが、食事抜きのダイエットでウエスト部分は細ならないでしょう。ウエストのくびれを作るためには、お腹にある脂肪の特徴を理解して、ダイエットをする必要があります。

LAVAの予約はこちらから♪1000円体験レッスン&店舗案内

2015年6月16日

ダイエットグッズの活用

ダイエットグッズはダイエットをサポートする、ひとつの方法です。ダイエットグッズのいいところは、テレビでニュースを見ながらや、リラックスタイムに、軽い気持ちで行うことができるところといえます。適度な運動と、食事制限が、ダイエットのコツです。ですが、大抵の場合は、運度を始めてもしばらくすると中止してしまいます。ダイエットのための運動をグッズでサポートすることによって、無理なく気長に運動ができるようになります。ダイエットクッズにはいろいろとあり、多くの人が使っているヒット商品や、本当にダイエット効果があるかあやふやなものもあります。ダイエットサポートに良いスリッパや、クッション、インナー、ダイエット効果のある腹巻きなどもあります。ダイエットのためのエクササイズに、100円均一で売られている商品を活用するという人もいます。タオル一本を使うエクササイズや、バランスボールを用いたダイエットエクササイズも人気です。ダイエットグッズはサポートのために販売されているものですから、それのみの方法ではダイエットは困難です。目を引く宣伝がされていても、ダイエットグッズを利用したダイエットは、サポート以上の効果はないことがほとんどです。食事を見直し、適度な運動をし、更にサポートとしてダイエットグッズを使うことが基本です。

2015年5月26日

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方

スキンケア商品には非常にたくさんの種類がありますが、敏感肌の人はどんなことに気を付けて商品を選んだら良いのでしょうか。肌が乾燥しやすいと、少しの刺激でも肌を傷めてしまうことがあるようです。肌へり刺激が強いスキンケア商品を選ぶとお肌への負担になりますので、敏感肌の人は、マイルドなスキンケア用品を選択してください。特に、無添加のスキンケア商品を選択することが、敏感肌の人には向いていると言われています。敏感肌の人は刺激に弱いので、添加物の多いスキンケア用品は肌荒れの原因になることがあります。できるだけ無添加のものにしましょう。敏感肌の人がスキンケア商品を購入するときには、まずは、少量だけ試せるトライアルセットなどを使用してみると良いかもしれません。自分の肌に本当に合っているのかどうかを、確認することが、敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶ場合には大事なことです。ドクターズコスメというスキンケア用品を使っている、敏感肌の人も少なくないようです。商品の開発段階で、皮膚や医療の専門家が参加したり、助言を行っているスキンケア用品や化粧品のことを、ドクターズコスメと呼んでいます。効果の高いスキンケア用品を開発するために、専門家が様々な知見から意見を出している商品ですので、高い効果が期待できるスキンケア用品が期待できます。肌質によっては、ドクターズコスメでも、肌に赤みや乾燥が出るという人もいます。ですから、敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶ場合には、いろいろと視野に入れて慎重に検討する事が必要なのです。

2015年4月15日

ウエストのくびれを作るための方法

ウエストのくびれを作るためにはどうしたら良いのでしょうか。ウエストのくびれはダイエットで思うように引き締められない分部であり、苦戦しているという人は大勢いるようです。ウエストのくびれは、食事制限によるダイエットを長期にわたって続けていたとしても、効果が出づらいと言われています。食事の量を減らすことで体重を減らす方法は、ウエストもいくぶん減っていくようには見えますが、ウエストのくびれが確認できるほどダイエットの効果はあるかといえば、そんなことはないようです。ウエスト周りの筋肉を使う運動やエクササイズが、ウエストのくびれをはっきりさせるといいます。部分痩せしたい時には運動やエクササイズが効果的と言われますが、ウエストにくびれを作りたい時も効果的です。また、ウォーキングや水泳、エアロビクスなどの有酸素運動は、体全体の新陳代謝がアップするので、痩せやすい状態になります。屋外で行うウォーキングと、自宅でできるエクササイズを使い分けることによって、より高いダイエット効果が期待できるとされているようです。ウエストのくびれがあるプロポーションになるには、わずかなエクササイズ程度では、効果は得られません。短期間に激しい運動をするのではなくて、長いスパンにわたってこつこつと続けていくことが、ダイエットでは大事です。毎日続けても苦にならないようなエクササイズを見つけて、毎日継続することで、ウエストのくびれをつくっていきましょう。もしウエストのくびれができたとしても、エクササイズは続けないと、徐々に戻ってしまう事もありますので、注意が必要です。

2015年3月7日

絶対痩せたい人の食事方法について

絶対に痩せたいと思ってダイエットを開始する人は、多いのではないでしょうか。絶対に痩せたいという人は、どんな方法でダイエットをしているのでしょう。ダイエットの基本は食事であり、食事の改善が何より大事と考えている人も、少なくありません。ダイエット効果のある食事とはどんな内容でしょう。著食を抜く人が多いですが、一日の活力源である朝食は、しっかり食べることが大事です。布団に入る前3時間は、食事をしないようにすることも、ダイエットに効果的です。睡眠中は代謝が落ちるので、脂肪が燃焼されずに蓄積してしまい、それが太る元になります。絶対に痩せたいのであれば、お腹がすいても夜食は我慢しましょう。日中も、何となくものを食べたいなという気持ちになった場合でも、それは食べずに過ごせないのかを考えてみてください。さほどお腹がすいているわけではなく、気分転換や、リラックスが目的であることもあります。外での食事は高カロリーで栄養に偏りがあることが多いため、絶対に痩せたいという人は、お弁当を用意していくといでいでしょう。サラダや副菜などをまず食べて、メインや白米は後回しにすることで、満腹を感じやすくなります。絶対痩せたいとがんばりすぎると、ストレスにもなるので、適度にご褒美デーなどを作って、好きな物を食べても良い日などを作るといいでしょう。

2015年2月26日

抗酸化サプリメントの美容効果

抗酸化サプリメントには、美容効果があります。肌に良い効果があるので、美肌になりたい人は、抗酸化サプリメントがおすすめです。

人の体は酸化が進むことで老化しやすくなりますが、体の抗酸化力を高めれば、ある程度、体の変化を止めることができます。アンチエイジングでは、錆をいかによせつけない体であり続けるかがカギを握ります。

そうした時、美肌効果のある抗酸化サプリメントを摂取すると、非常に役に立ちます。美肌効果のあるスキンケアのためには、化粧水や乳液による肌のお手入れだけでなく、抗酸化力を高めるサプリメントが重要です。美しく痩せる効果を期待するなら千年酵素がオススメです。

抗酸化サプリメントを活用すれば、体の内側からの美肌作用を得ることができます。老化には、抗酸化力のある食べ物が深く関わっていて、細胞が分裂する度に、染色体の一部であるテロメアが短くなっていきます。この長さが、寿命で、命のロウソクのような役割を果たしています。

体の抗酸化力を強化すれば、皮膚は体を外部の刺激から守る働きをし、水分を体内に保つ役割を果たします。肌の状態をきれいなままでいたいなら、日々のスキンケアだけでなく、抗酸化サプリメントを積極的に摂ることです。

2015年2月6日

スキンケア商品の基本的な使い方

毎日のスキンケアに使う商品はさまざまですが、基本的なスキンケア化粧品の使い方はだいたい同じです。お肌の健康に役立つスキンケアだといっても、適切な扱い方をすることが前提になります。ほとんどの人が使っている最初のスキンケア化粧品に、洗顔料があります。毛穴に皮脂汚れが目詰まりしたままスキンケアをしていても、肌トラブルを改善することは難しいものでしょう。外側からは気づかずとも、毛穴の中には汚れが入っています。そのままにしているとにきびがふえ一因になりますので、毎日の洗顔はお肌に欠かせません。スキンケア商品の中でほとんどの人が使うのが基礎化粧品ですが、使う順番を間違えると肌の調子がかえって悪くなることがあります。スキンケアにおいて重要なことは、水分を十分に与えてから肌の中に水分を閉じ込めることです。皮膚の乾燥が進むと、肌が外部の刺激から肌自体を守りづらくなり、肌トラブルの原因になっていまうでしょう。お肌に十分な水分を与えられるよう、ローション等をまず始めに皮膚につけていきましょう。ローションをつけながら様子を見て、それから化粧水、美容液という順につけていきます。化粧水に配合されている美肌成分を、まずは水と一緒に肌に届けます。その上から、クリームやオイルをつけることで、皮膚から水分が出て行かないようにしていくというものです。ただ、スキンケア商品によっても順番は違う事もあるので、きちんと確認して正しい順番で使って美肌を手に入れましょう。

2015年1月30日

ウエストのくびれ

女性にとってウエストのくびれは、大切ではないでしょうか。水着姿でも、洋服を着る時でも、ウエストにくびれがあるかどうかで、外見の印象はかなり違うものになると言われています。着物と異なり、洋服は、ウエストのくびれが強調される構造になっています。日常着が洋装である今は、ウエストのくびれのある体型かどうかは、とても大事です。服をきれいに着こなしたいと思っている女性ならなおさら、ウエストのくびれが大事です。ビキニは、水着の中でもお腹を見せるタイプであり、ウエストのくびれがあることで、より一層きれいに見せられるものです。日本の女性も身長やスタイルが欧米化してきたこともあって、ビキニを素敵に着こなしている人もたくさんいます。ビキニにしてもワンピーススタイルにしても、重要なポイントはウエストのくびれです。男性が視線を注ぐのはバストやヒップであることが多いですが、ウエストのくびれもまた魅力的に見えるものです。期待して見たところウエストのくびれがない女性だったら、男性はがっくりきてしまうかもしれません。ウエストのくびれだけを見て女性のよしあしを決める男性などはいないでしょうが、プロポーションの美しさは、女性の魅力を引き立てる大事な要素です。女性が女性を見る目にも、女性らしさは関わっています。ウエストのくびれた女性に対しては、羨ましいと感じる女性は大勢います。そう考えると、男女どちらからみても、ウエストのくびれは、大切という事が分かります。

2015年1月7日

むくみ解消で足やせをする

足やせをしたい場合には、足が太くなる原因を突き止めることが必要です。体質や生活環境によって足が太い理由は数々ありますが、むくみが足太りの理由だという方もいます。筋肉が減っていたり、塩を含む食事をしすぎたり、血の流れがよくない等の理由で、むくみは発生するようです。むくみの解消のためには、自分のむくみがどの類型にあてはまるのかを確認することです。塩分過多の食事をしているせいでむくみが大きいという人は、塩分を少なくするようにしましょう。毎日の食事メニューだけでなく、ファーストフードやジャンクなお菓子の摂り過ぎが特に危険です。血液が流れにくくなっていると、むくみの要因になりがちです。冷え症は、末端の毛細血管まで血流が行き渡っていない状態なのです。血行不良を解消するためには、元にある大きな血管を温めてあげることが不可欠です。太ももの根元にある太めの血管を温めることによって、血流をより促進することができます。むくみの原因には、座って作業をしていることや、下半身の運動量が多くないことがあります。足の筋肉を使わずにいては足やせ効果は得られません。足を使った運動を積極的に行うようにしてください。足やせのためには、一日につき30分くらいは歩く時間をつくって、足の筋肉を使いましょう。足がむくまないように、カリウムを補給するという方法もあります。指先まで血液が巡るように、マッサージをして下半身を刺激し、足の代謝を活発にするという方法もおすすめです。

2014年11月16日

食事の見直しとサプリメント

サプリメントは、食事だけでは不足する栄養素を補う為に、使うものです。サプリメントを使う前に、まずは、食事内容の見直しに取りかかりましょう。最も望ましい状態とは、サプリメントを利用せず、食事で栄養を補えるようになることです。栄養の偏りがないかを考える時には、1週間単位でチェックするといいでしょう。大抵の情報媒体では、体に必要な栄養素を、一日ごとの単位でとらえようとしているようです。毎日、必要な栄養をきちんと得ようとすると、計算するだけで疲弊してしまいます。栄養バランスや、カロリーの制約に締め付けられての食事は、楽しさが減衰してしまいます。飲み会やパーティに参加する日や、せっかくのバーベキューだから肉をいっぱい食べたいという日もあります。一日目が野菜不足だったとしても、次の日に野菜をたくさん食べることで、体に必要な栄養は満たされたと判断してしまいまょう。例えば、今日は焼肉を食べたので、翌日はカロリーを抑え目に野菜中心の食事という風にするという具合です。健康面では問題もなく、食事制限が必要な糖尿病や肥満の人でなければ、ある程度は融通をきかせて問題ありません。外が高カロリーの食事をする人は、家では低カロリーの野菜中心の食事にします。洋食化が進み、不規則な食事が多い今の人々には、サプリメントでの栄養摂取が大事な役割を果たしているといいます。食事の準備をする時は、楽しい食事になるように、色味や切り方を工夫する人もいます。調理方法や、全体の見た目なども考えることで、サプリメントを使わずとも、食事だけで栄養か足りるようにもなります。

2014年11月12日

簡単にできるウエストのシェイプアップ

なんとかウエストのシェイプアップをして、くびれを作りたいと思っている人も、多いのではないでしょうか。どういったことをすれば、ウエストをシェイプアップさせることが可能なのでしょう。ウエストの脂肪を使うには、腹横筋を使うようにします。腹横筋を積極的に使う運動をすることで、ウエストのシェイプアップをすることが可能です。腹横筋とは、腹筋という言葉で表現される腹直筋とは別ものの筋肉となります。腹横筋は、わき腹からお腹にかけて存在している筋肉のことで、筋肉のコルセットともいいます。腹横筋は体の奥深くにまであるものですので、使おうと思って使う必要があります。ウエストのシェイプアップ方法にコルセットの着用がありますが、見た目を細くするだけの話で、現実にシェイプアップはできていません。腹横筋はコルセットの役割がある筋肉なので、前後左右すべての方向から中心に向かって押し込んでくれる作用があります。腹横筋を使っている時とは、お腹を抱えて笑ってる時などです。普通に過ごしていたら、腹横筋を使うことはないでしょう。ずっと腹横筋を使わないままでいると、お腹を支える効果自体が弱くなってしまいます。日々運動をしていも、肝心の腹横筋を使わないような運動ばかりをしていたら、ウエストのシェイプアップ効果は期待したほどはきっと出せないでしょう。腹横筋を使えるような運動を意識して、ウエストのシェイプアップエクササイズを行うことで、効果を高めることができます。シェイプアップでウエストをスリムにしたい場合は、一見地道な方法でもずっと続けることです。

2014年11月10日

ウェストのシェイプアップについて

ウェストのシェイプアップ方法としてあげられるものに、骨盤体操や骨盤ダイエットがあります。インストラクターの指示や、高価な運動器具などは一切不要の運動です。ごく簡単な運動で、場所もとりませんので、寝る前やご飯の前にやるといいでしょう。ウエストをシェイプアップする運動を、自分のスケジュールに合わせて一日三回やる時間をつくります。10分程度の短い運動です。骨盤がずれるのは、子供を産んだ時や、よくない姿勢でずっといた時です。骨盤がずれるのは、非日常的な行為が原因ではなく、むしろ日常的にしょっちゅうやっている些細な行動が、骨盤のずれをつくっているのです。骨盤のバランスを取り直すようなエクササイズをすることで、ウエストをシェイプアップさせるというやり方です。骨盤とウエストをつなぐ筋肉が、上半身をつなげています。ですから、骨盤が正常な位置にあるかどうかはウェストのシェイプアップを成功させられるかどうかに大きく影響してきます。下半身を支えるための筋肉も骨盤につながっているため、骨盤はど体の土台ともいいます。骨盤に歪みがあるために、内臓下垂になるという場合があるといいます。骨盤が内臓を包み込んで、場所を決めることができないでいると、内臓下垂になって内臓が下がりすぎてしまいます。内臓が降りすぎると働き方に影響しますので、脂肪をエネルギーに変える力が弱くなったり、体温が低い体になったりします。下腹部が出っ張って、ウエスト全体がたるんで見える原因が、骨盤のズレにあるという可能性もあるわけてす。ウエストをシェイプアップするためには、骨盤を直すべきだというのはこんな事情からです。

2014年11月9日

皮膚科のフォトフェイシャルとは

非常に幅広い範囲の波長をもったIPLという光を照射することで、しみやそばかす、にきびなどの肌トラブルを改善するフォトフェイシャルというスキンケア療法が注目を浴びています。このフォトフェイシャルという治療法は本来、フォトフェイシャル協会に加盟している医療機関でのみ受けられる治療です。しかし、エステなどでもフォト○○といったメニューがありますが、エステでは美容機器自体がフォトフェイシャルを行えるものではありません。皮膚科など専門医で施術を受けられます。フォトフェイシャルは専門的な知識がないと思わぬトラブルも引き起こしてしまいます。ですので、たとえクリニックで施術を受けるとしても、フォトフェイシャルに実績のある信頼のできるクリニックを選びましょう。フォトフェイシャルに使用される美容機器は紫外線を除いた光、IPLを肌に直接照射します。IPLは黒や赤といった色に反応するため、肌に沈着したメラニン色素等に作用します。一回の治療時間は10~30分程度と短い時間ですが、しみ、しわ、赤ら顔やにきび・そばかすといった肌トラブルに効果があります。さらに、光はコラーゲンなどを生成する細胞を活性化させる働きもあるので、肌のハリやきめを整える効果もあります。

2014年11月4日

簡単な減量の方法について

減量、ダイエットといえば何かしら苦労がつきもので人によっては長続きせずに失敗した経験もあると思います。そういった方はもっと簡単な減量の方法があれば、と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。比較的ポピュラーな減量の方法といえば食事によるものか運動によるものの二つに分けることが出来ますがこのうち食事によるものには食事制限によって摂取すべきカロリーを減らしていく方法を実践した方も多くいると思います。こうした食事制限はお金もかからずただカロリーの摂取を控えるだけという簡単なものですので誰でもすぐにでも始めることはできますがリバウンドや身体を壊してしまう危険性もつきもので健康的に減量を行いたいというのであればあまり有用な減量方法とは言えないでしょう。運動によるものでは一日のうちにその減量方法について時間を割かねばなりませんしあまり身体を動かすことが得意ではない方にとってはお手軽な方法とはいえない部分もあります。手間なく簡単に減量を行う方法としては脂肪吸引といった美容整形に頼るのがベストと言え減量にかかる労力は全く要らずすぐにでも効果が体感できますがその分お金がかかってしまうのがネックとなるでしょう。

2014年9月9日

前のページへ


メタ情報